住所:神奈川県川崎市川崎区昭和
1-4-9

住所:神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F

住所:神奈川県川崎市中原区田尻町21
飯田ビル1F

スタッフブログ

夏こそぎっくり腰にご注意を! ひらま鍼灸整骨院|川崎区ゼロスポ鍼灸・整骨院川崎エリア

夏こそぎっくり腰にご注意を! ひらま鍼灸整骨院

こんにちは。中原区 ひらま鍼灸整骨院です。

みなさんは、夏にこそぎっくり腰に注意が必要なことをご存じでしたか?

冬になると気温が下がることで身体が硬くなり、筋肉を痛めやすいのは想像しやすいと思います。

夏も同じで気温によってぎっくり腰になってしまいます。

今回はその理由についてご紹介します。

 

なぜぎっくり腰になるのか?

ぎっくり腰になる理由は様々ですが、一番は筋肉の硬さです。腰だけでなく、お尻や太ももといった股関節の筋肉、背中やお腹の筋肉が硬くなることでぎっくり腰は起こります。

また、他にも姿勢の乱れやインナーマッスルが筋力低下を起こすことで背骨を支えられないなど、ぎっくり腰の原因は多岐にわたるため、全員が要注意です。

 

夏にぎっくり腰に注意が必要な理由①

夏になると、快適に過ごすために冷房をつけますね。

冷房をつけると過ごしやすくなりますが、その反面、屋外との気温差が激しくなってしまいます。

こんな経験はありませんか?

・通勤に使う電車の冷房が強すぎて、汗が冷えて寒い。

・ショッピング中にお店の冷房に長く当たっていたら、お腹を壊してしまった。

・夏でもオフィスでブランケットを使っている。

屋内外の気温差が激しくなることで、筋肉は硬くなり、自律神経も乱れてしまいます。その上、睡眠の質が下がりいつも以上に疲れてしまい、ぎっくり腰になりやすくなります。

 

夏にぎっくり腰に注意が必要な理由②

気温が上がると、人は汗をかきます。体温調節に欠かせませんね。

汗をかくことで身体の中の水分が失われてしまいます。水分補給をする回数も他の季節よりも多くなることでしょう。

水分が失われると、同じように筋肉が硬くなってしまいます。

水分補給をする際の注意点は

・喉が乾く前に。

・ナトリウムやカリウム、ミネラルを補給する。

・カフェイン入りの飲料を避ける(コーヒーやエナジードリンク、お茶など)

です。

 

以上の理由から、夏にこそぎっくり腰に注意が必要です。

 

中原区 ひらま鍼灸整骨院では、お身体に合わせたオーダーメイド整体を始め、鍼灸や電気療法、EMS療法などがございます。

いつでもご相談ください。

 

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 365 0442874677
  • LINE

診療時間

住所
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区
昭和1-4-9
アクセス
東門前駅から徒歩7分
  • ゼロスポアドバンス 0442019500
  • LINE

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分
  • ひらま鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市中原区田尻町21
飯田ビル1F
アクセス
平間駅から徒歩1分