診療時間

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝に起きられない
  • 起こされても全く覚えていない
  • 立ち上がり時によくめまいを起こすことがある
  • 立ちっぱなしでいると、気分が悪くなる
  • 検査では異常なしと言われ、どうしたらいいか分からない

一般的な起立性調節障害の原因とは?|川崎市 鍼灸整骨院 365

起立性調節障害の原因は、自律神経の乱れで血圧が上がらず、全身に血液が行き渡らないことによって症状が起こると考えられています。

10代の方に多く見られるのが特徴で、就寝時に働く副交感神経、それに対して起床時に働く交感神経のスイッチが働かず、なかなか起きられず、めまい・頭痛・動悸などといった症状が起こるのです。

症状は朝に強く起こるので、学校に行こうとしても、それによって満足に行くことができないという点も特徴と言えます。

はたから見ると、なまけているように勘違いされがちですが、実際には自律神経の乱れにより起こってしまうれっきとした「症状」なのです。

起立性調節障害の一般的な対処法|川崎市 鍼灸整骨院 365

仮に一般的な病院では、漢方薬の処方や血圧調整薬の処方、それにカウンセリングなどの対処法がほとんどを占めています。

これらの処置で症状が軽減されるケースも当然あります。

ですが・・・

  • ・病院で検査しても異常が見つからず、「不定愁訴」と言われた

  • ・通院していても良くならない

といった悩みを抱えている方も少なくはないのです。

こういった場合、どうすれば起立性調節障害を改善することができるのでしょうか?

当院の起立性調節障害の施術方法とは?|川崎市 鍼灸整骨院 365

自律神経を改善するには、ストレスから来る筋肉の過緊張と、生活習慣による身体のゆがみが関係していて、これらを正しい状態に戻す必要があると当院は考えています。

1.筋肉の過緊張

長時間に渡って過度なストレスが続くことで、体を走る交感神経が常時過剰に働いている状態になって筋肉が過緊張状態に陥ります。この状態が続くと交感神経がさらに刺激され、次第に自律神経のバランスも乱れていきます。それに、自律神経節と呼ばれる部分が首にあるので、首回りが同じ様に過緊張することで、同じく自律神経の調和が乱れる原因にもなります。

2.身体のゆがみ

身体のゆがみに対しては、当院オリジナルの『ゼロ整体』によって対処致します。

自律神経は頸椎(首の骨)から背骨や骨盤にまで通っています。なので一旦骨格に歪みが生じると、神経伝達が働かなくなりバランスも乱れ、その結果起立性調節障害を引き起こす原因になります。

それに筋肉の緊張が特定の部位に負担をかけ、血行不良を生じさせ関節・骨格までゆがませてしまうのです。そこへ生活が乱れると、さらに筋肉や骨の低下を招いてしまいます。

その点をゼロ整体によって、ゆがみを調整することが重要なのです。

3.セルフケア

さらに、術後も自宅でできるセルフケアや生活改善指導もさせて頂きます。

これは筋肉の過緊張を取って身体のゆがみを整えても、その原因を作っている生活習慣自体を変えなければ、再び悪い状態に戻ってしまうからです。

以上のように当院の施術は、資格を持ったプロが高い技術で骨格のゆがみ調整などを行い、「根本的アプローチ」をしながら生活習慣のアドバイスも取り入れることにより、起立性調節障害の症状を改善に導き再発を予防致します。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 365 0442874677
  • LINE

診療時間

住所
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区
昭和1-4-9
アクセス
東門前駅から徒歩7分