診療時間

テニス肘・ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ラケットを振ると肘に違和感がある
  • ガットが硬すぎて肘への負担や衝撃が強い
  • テニスを始めたが、肘・手首を痛めてしまった
  • ゴルフのスイング時に肘の内側に痛みが走る時がある
  • 炎症部分にステロイド注射を打っているが良くならない

テニス肘・ゴルフ肘って?|川崎市 鍼灸整骨院 365

俗に言われるテニス肘。これは正式名称を「上腕骨外側上顆炎」と言って、片手で行なうバックハンドによって肘の外側が痛む症状です。

他にもバドミントン・卓球など、さらに手首をよく使う料理人や主婦などにもよく見られます。

その原因は、ボールを打った際の衝撃。これが手首から肘にかけ、急激に伝わるためです。その結果、腱の部分が炎症を起こすのが原因です。

一方でゴルフ肘は「上腕骨内側上顆炎」といい、無理なスイングやダフリなどが続くことで、今度は肘の内側に負担がかかって起こる症状です。

こちらはテニスでも、トップスピンのフォアハンドが原因で発症することもあります。

起こる原因は、肘の内側にある腱の部分に疲労が溜まることが判っています。

腱は特に加齢とともに老化しやすく、中高年になるとその分発症リスクは高まります。

具体的な原因とは|川崎市 鍼灸整骨院 365

いずれも肘に症状が出るのが特徴ですが、実際はそれ以外の部分に問題があるのです。

  • ・オーバーユース(使いすぎ)
  • ・手首を固定せずに打つ
  • ・技術が未熟でラケットに正しくボールが当たらない
  • ・身体が硬くて充分なスイングができていない
  • ・加齢によって筋力が低下している

テニス、ゴルフ共ボールを打ったインパクトに耐えられるだけの体幹、安定性、それに柔軟性が求められます。

その点、インナーマッスルが弱いとその分手や手首を使うことになり、衝撃がダイレクトに肘に繰り返し伝わることで、炎症が起きて痛みが発生するのです。

当院のテニス肘・ゴルフ肘の施術方針|川崎市 鍼灸整骨院 365

発症してしまうと、肘に湿布を貼ったりアイシングをしたりしても、一時的な痛み止め効果しか望めません。

その理由は根本原因が肘ではなく、「姿勢の悪さ」、「体幹の弱さ」にあるからです。

もちろんそのまま矯正せずに放置すると、仮に手術しても同じような症状が再発しやすくなります。

当川崎区の鍼灸整骨院 365では、その痛みだけを緩和するだけでなく、全身を整えることで、症状が再発しないことを目指して施術しています。

まず患者様の普段のテニス・ゴルフ時の姿勢、そこで負担がかかっている筋肉を細かくチェックして、最適な治療をご提案致します。

固まってしまった筋肉をほぐすことで、痛みを和らげて正しい姿勢を保てるよう、次は骨格や骨盤も矯正していくのです。

その結果、無駄のない綺麗なフォームを身に着けて頂き、パフォーマンス向上もできるようになっていきます。

これからも、テニス・ゴルフを楽しみたい方は、痛みを我慢することなく、ぜひ川崎区のゼロスポ鍼灸・整骨院グループまでお越しください。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 365 0442874677
  • LINE

診療時間

住所
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区
昭和1-4-9
アクセス
東門前駅から徒歩7分